Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://toyota28.blog81.fc2.com/tb.php/149-b3441900

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

香港資本、ニセコ参入 豪リゾート会社を買収 難航の開発に弾み

【倶知安】香港の通信大手PCCWグループが八月下旬に、後志管内倶知安町の花園地区で大規模開発を計画しているオーストラリア資本の日本ハーモニー・リゾート(東京)を買収したことが十四日までにわかった。オーストラリア人観光客でにぎわうニセコ山系に香港資本が大規模リゾート開発で参入するのは初めてで、足踏みを続けていた花園開発が進展しそうだ。

 PCCWは香港最大の財閥を率いる李嘉誠氏の二男李沢楷氏が主席(会長)を務める不動産部門担当子会社PCPDが、オーストラリアの親会社ハーモニー・リゾーツ・ニセコなどから株式を100%取得。関係者によると、買収額は二十億-三十億円とみられる。PCPD役員の李智康氏が代表取締役に就任し、コリン・ハックワース社長も代表取締役に残った。

 日本ハーモニー・リゾートは二○○四年、ひらふ地区に隣接した花園スキー場とその周辺の土地約百八十ヘクタールを東急不動産から購入。スキー場経営の傍ら宿泊施設など総額約五百億円の開発計画を発表して、カナダのウィスラーに匹敵するリゾート化を目指していたが、資金提供する提携企業が見つからずに、着工できずにいた。

 香港資本による買収を受けて、同社は、十五年がかりで八千人収容の大規模宿泊施設を建設するとしていた現計画を見直して、新計画の作成に着手する意向を示した。

 同町では、ひらふ地区などのスキー場エリアでオーストラリア資本によって活発にリゾート開発が進められている。隣接する花園地区でも、売上高千億円以上と資金力のあるPCPDが参入したことで、難航していた大規模開発の実現に向けて弾みがつきそうだ。

(北海道新聞 引用)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://toyota28.blog81.fc2.com/tb.php/149-b3441900

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

今夜が山田☆

Author:今夜が山田☆
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。