Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://toyota28.blog81.fc2.com/tb.php/153-2c96970f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

石屋製菓が再開発の構想凍結 札幌の秋銀ビル 本業立て直し優先

「白い恋人」の賞味期限改ざんなど一連の食品不祥事で操業停止中の石屋製菓(札幌、島田俊平社長)が、札幌・大通地区の再開発ビル建設構想を当面凍結する意向を固めたことが二十日分かった。秋田銀行と共同所有するビルを建て替え、二○一○年完成を目指していたが、早期の操業再開と内部統制の確立を急ぐ中で、本業以外に力を割くのは得策ではないと判断した。

 再開発構想が浮上していたのは、大通公園と札幌駅前通りが交差する角地にある札幌秋銀ビル(中央区大通西四)。石屋製菓主導で総額三十億円以上を投じ、隣接する所有地(二百二十平方メートル)と合わせ、地上八階地下一階述べ約四千五百平方メートルの再開発ビルを建設するという構想が二年前に浮上。核テナントに書店大手、ジュンク堂書店(神戸)の出店が有力視されていた。

 ただ、この構想自体、オーナー経営者だった石水勲前社長が当時の好業績を背景に打ち上げたものであり、一連の不祥事による石水氏の引責辞任と売上高減少によって状況が一変。石屋製菓としては本業の回復に全力を挙げるため、再開発ビル構想は凍結する方向に傾いた。

 島田社長は「基本構想自体はあったと聞いているが、今は考える状況にない」と話す。同社は○八年四月期決算の結果を基に中期経営計画を策定する運びだが、再開発ビルに関しては触れない見込みだ。

 これについて、共同所有者の秋田銀は「特に申し上げることはない」、出店が取りざたされるジュンク堂書店は「札幌進出の計画は変わらない。今後の推移を見守りたい」と話している。
(北海道新聞 引用)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://toyota28.blog81.fc2.com/tb.php/153-2c96970f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

今夜が山田☆

Author:今夜が山田☆
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。