Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://toyota28.blog81.fc2.com/tb.php/57-5c195c3a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「北海地鶏2」改良1年 道外飲食店でも人気、食味良く短期で肥育 道立畜試

【新得】道立畜産試験場(十勝管内新得町)で昨年、改良された肉用鶏「北海地鶏2」が道内外の飲食店で高い評価を得ている。生産の大半を手がける歌志内市の企業が、鶏肉のほか、新たに加工品を開発して本格販売を始め、知名度アップに力を入れている。

 北海地鶏2は、一九九二年に道立滝川畜産試験場(当時)が生み出した北海地鶏の大型化を目指し、名古屋コーチンの雄と、大型シャモとロードアイランドレッドを掛け合わせた雌を交配して品種改良に成功した在来種100%の地鶏。食味は北海地鶏と変わらず、北海地鶏より短い飼育期間で大型に育つ利点がある。

 道立畜試と共同で研究を進めている歌志内興産(歌志内)をはじめ、十勝管内清水町にある社会福祉法人の授産施設や桧山管内江差町で生産され、年間約四万羽が出荷されている。

 価格は普通のブロイラーの三-五倍と高級食材だが、道内外のレストランから引き合いが増えているといい、料理雑誌にも取り上げられた。食材に使っている三井観光苫小牧ゴルフクラブ(苫小牧)のレストランの藤田功料理長は「地鶏特有の弾力があり食感がいい」と話す。

 歌志内興産は、もも肉と手羽の薫製、ソーセージ、ジュレ(コラーゲンゼリー)の三種の加工品を新たに開発。三月から丸井今井(札幌)やインターネットで本格販売を始めた。歌志内興産の奥山募・技術部長は「飲食店向けにとどまらず、今後は少量販売や地元での直売店出店も考えたい」と構想する。

 北海地鶏2を生み出した道立畜試の国重享子研究職員は「効率的生産へ向け、引き続き母鶏の産卵率向上に取り組みたい」と話している


(北海道新聞引用)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://toyota28.blog81.fc2.com/tb.php/57-5c195c3a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

今夜が山田☆

Author:今夜が山田☆
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。