Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://toyota28.blog81.fc2.com/tb.php/80-fe6fd8e2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

木彫りの熊…今は昔 道みやげ、ガラス品人気 「自分用」の傾向強く

北海道土産の中心は木彫品からガラス製品へ-。北海道観光土産品協会(札幌)が昨年、二十三年ぶりに観光客向けに行ったアンケートから、こんな傾向が明らかになった。また、リピーターが増える一方で、旅行期間が短くなるなど、旅行形態の様変わりぶりも浮き彫りに。本格的な観光シーズンを前に、関係者から注目を集めそうだ。

 同協会は道内の土産物の製造、卸、小売りの約四百社が加盟。以前のアンケートは一九八一年から三年間行い、その後休止していた。この間に観光客の嗜好(しこう)に大きな変化が見られることから、「あらためて生の声を聞き、サービス向上に役立てよう」と昨夏実施した。

 八三年と二○○六年の結果を比較すると、土産物の内訳では、食品以外で木彫民芸品が62・0%を占めていたが、今回は15・6%。最も多いのはガラス製品の28・3%だった。

 食品では、菓子類が77・6%から41・3%に減少する一方、かつては質問項目になかったラーメンが12・3%を占めた。購入金額は一万円以下が29・2%から24・9%に減る一方、二万-五万円が28・4%から37・1%と増加傾向にある。

 また、初めて北海道に来た人は58・0%から18・9%に減少し、四回以上のリピーターが17・6%から47・7%と全旅行者のほぼ半数を占めるまでになった。

 旅行日数は、かつては七泊以上が32・7%と最も多かったが、今は2・8%と激減。二泊三日が6・9%から42・4%に増えた。これまでは長期休暇を利用して北海道旅行を楽しんでいたのが、近年は短期休暇で度々訪れる傾向が表れている。

 同協会の相川延介(のぶゆき)専務理事は「かつて土産は隣近所などに配るためだったが、最近はガラス製品などを自分で使うために購入する人が多く、多少高くても納得すれば買う傾向が強い」と指摘。その上で「インターネットでも買えない現地ならではの土産を探す人も多く、今後は非常に有名な商品か、その場でしか売っていない商品に人気が二極化するのでは」と話している。

 アンケートは全道二十五の土産物店の買い物客にはがきを配り、約五千枚を回収した。男女別では女性約64%に対し、男性36%。年齢別は五十代の約25%を筆頭に、六十代約24%、四十代約15%、三十代約14%と続く。地域別では関東が約35%と最も多く、次いで近畿約15%、東海約14%だった。

(北海道新聞引用)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://toyota28.blog81.fc2.com/tb.php/80-fe6fd8e2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

今夜が山田☆

Author:今夜が山田☆
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。